冬から春へと向かっている今、肌の変化に困っています。

冬は肌の乾燥が酷くて、鼻の頭の皮がむけてしまったりして困っていたのですが、
この時期になると肌の変化が激しくて、その日によって状態がぜんぜん違うので
これも結構困りものです。

とくにちょっと寝不足だったり、食生活が不規則になったりすると
吹き出物が出来てしまいます。
アラフォーともなると、吹き出物が一度できると全然治らないんです。

薬を塗ったり、メイクをできるだけ吹き出物の場所にはしないようにして
マスクで隠したりしているのですが、それでも1週間はなおりません。
顔にできものが出来るのって、やっぱり気分が悪いですよね。
テンションも落ちてしまいます。
だからできるだけ、パーフェクトな状態の肌を保ちたいと思っています。

そんなわけで最近使っているのがバイオイルというスキンオイルです。
南アフリカの物なのですが、傷跡を消すこともできて、
保湿力に優れているということで、化粧水の後につけるようにしています。

年齢的に気になり始めている、小じわにも良いというので
しばらくは使い続けてみようと思っています。

吹き出物も治ればいいのだけれど、様子を見てみようと思っています。
お肌の悩みは女性にとって結構大きな事ですよね。

コストコ

user-pic
0
先日、大型スーパーのコストコに行ってきました。
わが家からはあまり遠くもないけれど、近くもないので、
3か月に一度行く程度です。
その時に必ず購入するものがいくつかあります。

まずは定番の洗濯洗剤です。
以前はアメリカの洗濯洗剤を使っていたのですが、
日本のよごれには日本製の洗濯洗剤の方がいいというのを聞いて、
最近では日本製の物で大きいものを購入しています。

それから、ハチミツです。
このハチミツ、かなり大きいもので、私が買っている横で
「こんなに使いきれないよね」って話している人がよくいるのですが
わが家ではこの大きなハチミツもしっかり使い切れるんです。

その理由は、毎朝のケフィアヨーグルトとグリーンスムージーに
使うからなんです。
毎日の事なので、一回に使う量は少なくてもやはりかなりの量を
消費します。
そして、母がジャムを作る時にもかなり使うので
わが家にとっては大きなハチミツが必需品といえます。

ほかには、ドレッシングや粉チーズなど
ほかで買うより断然安いものは必ず買うようにしています。

大型スーパーっていつものスーパーとは雰囲気が違うので
何だも買いたくなってしまうけれど、最近は自分たちが必要な物だけどを
買うようになってきました。

ミニコンポ

user-pic
0
今、一番買わないといけないものと言えば、ミニコンポです。
いまどき?って感じなんですけれど、
わが家ではCDを聞くことができるのはパソコンだけです。

普段はわたしはパソコンで仕事をしながらイヤホンで音楽を聴いている事が
多いのですが、子どもが英語のレッスンのCDを聞くこと出来ないので
そろそろ購入しないといけないと思っています。

でも、ネットで検索してみると1万円台の物もたくさんあって、
とりあえずはそんなものでいいかなぁって思っています。

クラシック音楽を大音量で聞いたり、
好きな歌手の音楽を思いっきり聴きたいというワケでもないので
CDが再生できればそれでいい気もしますね。

すこし落ち着いて余裕が出来たときには
ゆっくりと電気屋さんにでも行って、お話を聞いて
良さそうなものを選びたいけれど、今は時間に余裕がなくてできません。

ネットで購入するのにあまり高いものを実物を見もしないで購入するのは
ちょっと勇気がいるので、子ども用と思って購入しようと思っています。

なかなか時間に余裕が持てない時に焦ってお買いものすると
失敗してしまうことも多いので気をつけないといけないと思います。

以前にネットで焦った購入したけれど、思っていたのと違って
結局は返品したことが何回かあるので、
いまは慎重にお買いものするようにしています。

おやつ^^

user-pic
0
先日、ときどき気になってチェックしてる雑誌を見てみたら「おやつ特集」になっていました。
おやつと言っても子供が3時に食べるおやつではなくて、
大人が御茶の時間に食べるおやつです。

大人が楽しめるおやつの中でも、手作りの物をいくつか紹介されていて
そのほかに地方のお取り寄せのおやつも紹介されていました。
私はおやつが大好きです。

わが家では午前中におやつを食べて、午後も3時ぐらいにおやつをいただきます。
午前中のおやつは、美味しい御茶に軽めのおやつをいただきます。
そんな午前中のおやつにも、自分で手作りしたおやつだったら
よりリラックス出来そうな気がします。

以前、子供と一緒にいただくおやつは手づくりしていました。
子どもがたべるものだから、出来るだけ安全なものをと思ったのもありますが、
自分がダイエットをはじめたこともきっかけになりました。

本当は甘いものをダイエット中には食べないのが一番いいけれど、
甘いモノ好きにはそれは無理なので、自分で砂糖やバターの量を加減したり、
材料を選ぶことで少しでもカロリーを抑えられるからです。

今は忙しくてなかなか作ることが無いけれど、
時間を見つけて、また挑戦出来ればいいなぁって思っています。
今日は仕事のお休みだったので、子供のリクエストでこの冬数回目のアイススケートに出かけました。
私が住んでいる地方では、あまり屋内スケートリンクが無いので、30分ほど電車に乗って行かないといけないのですが、それでも行きたいという娘と一緒に行ってきました。

今年は、何回か行っているうちに段々と上手に滑れるようになってきているので、
前回からあまり間を開けずに行きたいという思いもありました。

今回は、ちょっと練習しただけで、結構スピードを出して滑れるようになってきたので、
とっても楽しく2時間ちょっと楽しむことができました。

そこで感じたのは、小さなお子さんたちが何度も転んでも果敢に挑戦している姿。
子どもは転ぶことを恥ずかしいとか、怖いとか思わないから、上達が早いんでしょうね。
その反面、大人は人前で激しく転ぶのは恥ずかしいし、怪我してしまいそうなので慎重になってしまいますね。

私も転ぶのはこわいので、どうしてもスピードを出すことはできません。
上手に止まれるようになれば、もう少しスピードだしても怖いと思わないで滑れるのかもしれません。

そして、もう一つ気になったのは、せっかく上手に滑れる可能性のある小さな子供たちが
きちんとサイズの合った靴を履いていなかったり、きちんと紐を結べていないことで、
脚ががたついてしまって上手に滑れていないこと。

きっと大人が靴選びから紐をしめるところまでをしっかりやってあげれば、
気持よく滑れるにとおもうともったいない気がしました。

お昼寝

user-pic
0
お昼寝って気持ちがいいですよね。

夜寝るのとはまたちがった感じがあって、私は子供のころからお昼寝が大好きです。
そういえば、小学校の時も家から帰ってきてお友達を遊ぶ約束のない時は、
小さなソファーに丸くなって気持ちよく寝ていたのを思い出します。
母が留守にしているときなど、1人でつまらないので帰ってくるまで寝ているなんて
こともありました。

今では昼間は仕事をしているのでなかなかお昼寝をする時間がなかったりするけれど、
お休みの日にお昼ご飯のあとに30分か1時間お昼寝をするのは最高の贅沢なような気がします。

でも、本当に体が疲れている時は1時間たってもぜんぜん起きられなくて、
身体が重ーい感じがしてもう少しもう少しと寝てしまっている時もあります。
そんなときは、自然に体が起きられるまで睡魔に任せてもいいかなぁなんて思います。

もちろん、家事や夕食の準備があるので、限界があるけれど、
できるだけ疲れが取れるようにお昼寝も大切にしたいですよね。

そして、ときどきはお昼前に眠くなってしまうことがあります。
そんな時もお昼までちょっとだけ、と思って寝てしまいます。
無理して起きていても、家の仕事がはかどらないので少しだけでも眠ると気分が
ぜんぜん変わりますからね。

朝食が問題

user-pic
0
最近、小学3年生の娘が自分の体型のことを気にし始めました。
といってもダイエットをしたいとかそういう意味ではありません。

もともとやせ形の娘なのですが、いまの体型をキープするためにというか、
綺麗なスタイルでいるために健康的な食事がとりたいと言い始めたのです。
お昼は学校で給食を食べますし、夜は家族で夕食には野菜を中心にバランスよく出しているつもりですが、問題は朝食だと言われました。

我が家では私は朝食にヨーグルトにシリアルを入れて、グリーンスムージーを飲むだけなので、
むすめにも簡単にトーストにフルーツにミルクティーといった朝食が多かったんです。
もともと朝はあまり食べない娘ですから、このくらいがちょうどいいと思っていました。

でも、朝はごはんにして御味噌汁や玉子焼きなどバランスよく食べた方がいいというので、
最近はわたしのお弁当を朝起きて直ぐにつくって、そのおかずを娘の朝食にも出す様にして、
それからおにぎりと御味噌汁をだしています。

確かにお腹がいっぱいになるだろうし、朝食をしっかり食べると頭もよく働く様な
気がするので、出来るだけ続けてあげようと思っています。
そして、ちょっとあきたかなぁって頃にはときどきトーストを出したりしたら喜んでくれるかもしれませんね。
パート先の同僚は主婦が多いのでいろいろと家庭の話をする機会も多いです。

そこでよく聞く話なのですが、ある人は旦那さんが絶対的な主導権を持っているので、
朝5時に出勤する旦那さんの為に4時に起きてお弁当と朝食を作って、
お化粧をして綺麗にして起こさなくてはいけないということです。

そして、帰りが遅くなって深夜になっても絶対に寝ていては行けないそうです。
それが仕事で遅くなるのではなくて、飲んで帰ってくる時もそうなんですって。
そのうえ、甘いものがたべたいと深夜にコンビニに行く時には一緒にいったりと
本当に旦那さんの言うことには逆らえないと言います。

これが新婚さんの話ならわかりましが、もう50歳になろうというご夫婦なのですから、
すごいなぁって思います。

家の主人は以前に早朝出勤する仕事をしていましたが、
家族を起こさないようにそっと出て行っていました。
私が起きてしまうと申し訳なさそうだったので、できるだけ起きていても寝ているふりをしていました。

朝食にはパンをもっていって車で食べていたので、本当に楽をさせてもらっていました。

私の様な人に、彼女の旦那さんの様な人は無理でしょうね。

いろいろな家庭があると本当に感じさせられる話が多いので、
自分の今の状況が恵まれていると感じられます。
私が初めて海外旅行に行ったのは20歳の時でした。

高校を卒業して、専門学校に行ったのですが、その時に知り合った友達と二人で
卒業旅行に海外に行ったのが初めてでした。

一緒に行った友達はお父さんの仕事の関係で、海外旅行をすることが多かったということで
小さいころから何度も海外旅行を経験していました。

だから、安心して初めての海外旅行に行くことができました。

行先は、ニューカレドニアでした。
なぜ、ニューカレドニアにしたのかはあまり覚えていないけれど、
皆が当たり前に選ぶヨーロッパとかアメリカ、アジアはやめようといって、
天国に一番近い島というイメージがなんとなく魅力的で決めたような気がします。

実際にニューカレドニアに行ってみるととってもノンビリとした良い所でした。

とくに、数日間は孤島で過ごしたのですが、プライベートビーチは日本では決して見ることはできない
景色が広がっていて、気持ちよかったのを覚えています。

そして、食事も新鮮な海の幸がとっても美味しくて、初めての海外旅行は楽しい思い出でいっぱいになりました。

もちろんハプニングや面白いエピソードもありました。
ちょっとしたハプニングがあることも、旅行の思い出になるのでいいですよね。
今年は、いろいろなことがありました。

思い出してみると、春休みには娘と二人でアメリカ旅行に行きました。
アメリカで海外赴任をしている主人と会って、いっしょに楽しい春休みを過ごしました。

アメリカには主人のお姉さんが2人住んでいます。
なんどもお世話になっているのですが、今回もいろいろとお世話になりました。

そして、いろいろなところにも連れて行ってもらいました。
娘が楽しみにしていたテーマパークはもちろん、プールに行ったり、
家族三人でホテルに滞在してゆっくり楽しんだり、本当に楽しかったです。

娘にとって数回目の海外旅行になりましたが、
今回はだいぶ飛行機の中でも過ごし方にもなれたようで一人でゲームを楽しんだり、
本を読んだり、映画をみたりして過ごしていました。

だから、私もノンビリと本を読んだり、食事を楽しんだり、
すこし眠ったり、娘が小さかった頃には考えられないほど飛行機での旅行が楽になりました。

今回の海外旅行で娘の成長を気づけたのはわたしにとっても良いことでした。

いつも一緒にいる娘だから、あまり日々の中で小さな成長をみることはできないけれど、
旅行などをしていると、その成長に気づくことができるのでいいですね。

とくにいろいろ頼んだりしてもやってくれるので、助かりました。
これからの海外旅行がもっともっと楽しくなりそうで、楽しみになりました。